Vancouverでやさい生活

カナダ・バンクーバーで、ベジタリアンの夫と送る野菜生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中華精進レストラン「Bodhi Choi Heung Vegetarian Restaurant」

愛するBo Kongに続く中華精進レストランを探せ!!と、意気込んでやってきました。
何とも覚えにくい店名ですが、中国名は「菩提菜香素食」で、日本人にはこっちの方が覚えやすいかも。名前の通り、仏教系のレストランで、店内では仏様が微笑んでおられます。

店内で聞こえてくるのは、すべて中国語で、お店の人の英語もあまり流暢じゃありません。
まるで海外旅行に来たような気分…。
内観は落ち着いた感じですが、白いテーブルクロスの上に、白いビニールシート(ゴミ袋のような…)がかけてあり、しかもそれが破れている(笑)。
中国系以外のお客さんも多いBo Kongに比べると、こちらはずっとディープな雰囲気です。

お昼時だったので、とりあえずランチコンボ(スープ、メイン、ご飯)$6.95とアペタイザー$2.50をオーダー。アペタイザーは、一日中オーダーOKだそうです。


菩提オイスター

まずはアペタイザーの「オイスターマッシュルームのフライ」。オイスターマッシュルームとはヒラタケ…のはずなんですが、出て来たのは白いマッシュルーム。あれ??
衣がた~っぷりついていて、油っこいものが苦手な私にはちょっとキツイ…。
でもなかのマッシュルームは、少し酸味が利かせてあって、うまみがありました。


菩提湯葉巻き

ダンナが頼んだ「Fried Bean Curd」とは、湯葉で野菜を巻いて揚げたものでした。こっちもちょっとオイリーですが、なかの野菜(ウドとかきくらげとか)がふんわり甘く、ぱりっと香ばしい湯葉とマッチしています。野菜の卵焼きをクリスピーにした感じ?


菩提ホットサワースープ

お次はスープ。定番「Hot and Sour Soup」は、いろんな中華料理店でオーダーしている、私の大好きメニューですが、ここのはおいしい!フレッシュな酸味は、たっぷり入ったトマトの成せる技です。辛味もほどほどで、油分も控えめ。でもお豆腐に野菜と具はしっかり入っていて、食べ応えは十分。
というか、量がかなり多くて、正直、これとアペタイザーでお腹はほぼいっぱいに…。
ちなみにダンナがオーダーしたコーンスープは、ショウガが利いていて、これも普通のお店のコーンスープとはひと味違います。


菩提Lo Han

メインは、まず私が「Lo Han(←スペルは不確か) Feast」。ローハンって何でしょうね?よくわかりませんが、とにかく、ブロッコリーとかヤングコーンとかグルテンとかきのこが入った炒め物です。
実際に食べてみると、旨味たっぷりの炒めものという感じでした。特にマッシュルームがおいしいのにびっくり。マッシュルームって、淡白で旨味の薄いきのこだと思っていたのに、料理次第でこんなにおいしくなるんだな~。


菩提三種のきのこ

そして、ダンナが頼んだのは「三種類のきのこと野菜の炒め物」。
…でもこれ、私のメインとそっくりなんですけど。というか同じ??
よーーーく見ると、ダンナの方にはエノキやチンゲンサイが入っていて、少しはチガイがあるよう。味はこちらの方があっさりしていました。


メインは、まあ普通においしい中華料理という感じでしたが、スープははっとするほどおいしかった。この内容で$6.95はお値打ちだと思います。
今回はお手軽にランチコンボだったけれど、Bo Kongとおなじく、このお店もメニュー数が多いので、またいろいろ試してみたいな~。
お気に入りメニューを発掘できそうな気がします。


Bodhi Choi Heung Vegetarian Restaurant
3932 Fraser Street, Vancouver
Tel: (604) 873-3848





スポンサーサイト

テーマ:ベジタリアン - ジャンル:グルメ

  1. 2008/10/15(水) 14:06:35|
  2. レストラン/アジア系
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:4

あっさりインド料理「Yogi’s」

すっかり更新が遅くなってしまいました。
この間に、子供が生まれ、今は慣れない赤ちゃんとの生活に奮闘しています。
本当は、病院のベジタリアンメニューなんかを取り上げたかったのですが…。
入院中はぐったり疲れてしまい、ベジ食オーダーする気力もなく、久々に肉食してました…。
というわけで、今回は、出産前に行って来た(最後のひとりご飯!)レストランのレポートです。

インドレストランの多い神戸で育った私は、定期的にインド料理が食べたくなります。が、ベジ気味になった(いやトシのせい?)今は、あまりこってりしたものは食べたくない…。
でもインド料理って、ものによってはものすごくオイリーですよね。

でも、「Yogi’s」は、ベジタリアンかつHealthy Indian foodと銘打っているだけあって、さっぱりしています。
さらにこのお店のメニューは、乳製品を使っているものにはちゃんと印がついています。インドレストランは、ベジタリアンメニューでも乳製品を使っている場合が多いので、これはヴィーガンにとっては便利!
…ただ、ヴィーガン仕様のものは少なくて、メインはたった2種。
乳製品不使用の方に印つけたほうがいいんでないの?という感じはありますが、まあ選択肢があるだけよしとしましょう。

Yogi's

で、少ない選択肢から選んだのが、この「Panjabi Stew」です。
ほうれん草主体のカレーで、ゆでたカリフラワーとポテトが入っています(オーダーのときに、ポテトかチーズか聞かれる)。
乳製品不使用だけに、インドカレーによくある濃厚な旨味やこってり感がなく、さっぱり、あっさり。

実はこの手のカレーは、パンチがないためにあまり好きではなかったのです、私。
でも、ここのカレーは不思議とおいしい。ほうれん草やポテトそのものの旨味が際立っているように思いました。さらにカレーがあっさりしているので、ご飯や混ぜ込まれたクミンの香りが引き立っています。
注文したらまず出てくるおせんべい(奥。これ、いつも名前を忘れちゃうんですよね~)も、塩辛すぎず、フルーティーなサルサとともに、いい感じ。
これでお値段は、約10ドル(1000円ちょっと)。

ちなみに、ウェイトレスのお姉さんも「質問があったら何でも言ってね」といい感じでした。お店は喧噪のコマーシャル・ドライブにありますが、一歩入ればとても静か。この日の私はお一人様ランチだったのですが、一人でもくつろげるお店です。

というわけで、あっさり系が好きな人にはおすすめです。
Yogi's Vegetarian Indian
1408 Commercial Drive, Vancouver
Tel: (604) 251-9644

テーマ:ベジタリアン - ジャンル:グルメ

  1. 2008/06/21(土) 03:14:31|
  2. レストラン/アジア系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

中華精進レストラン「Bo Kong」

バンクーバーの中華精進といえばここでしょう、な「Bo Kong Vegetarian Restaurat(寶光素食)」。ベジタリアン、中国系の人々にはもちろん、ベジ以外の人にもかなり知られている有名店です。バンクーバーとリッチモンドにあり、今回行ったのはバンクーバー店。

今回は、ラッキーにも6人で行きました♪。
というのは、ここの料理はボリュームがすごいため、少人数だと2~3種類ほどのメニューしか食べられないのです。メニューは187種類もあるそうで、全てヴィーガン仕様、五葷抜き。店内に入ると、まずは仏様が出迎えてくださるというお店です。


まず注文したのは、我々夫婦の大好きメニュー「きのこの揚げ物」。
きのこの揚げ物しいたけ

いつもはオイスターマッシュルーム(ヒラタケ)なのですが、季節柄か、シイタケが出てきました。かるーい衣に、塩こしょうしただけのものですが、きのこの旨味がしっかり出ています。


もうひとつも「きのこの揚げ物」。
きのこの揚げ物ひらたけ

すみません、メニュー名忘れました。とにかく、ヒラタケらしきトロリとしたきのこに、少量のクリームソースをからめ、海苔で包んだものに、さくさくした衣をつけて揚げてあります。磯の香りのクリームコロッケという感じ。


ベジステーキ

欧米系の人(つまり白人さん)がよく注文しているのが、この「ステーキ」。メニュー名はSizzling Vegetarian Steakだったかな?鉄板の上のあつあつに甘めのソースをジュワっとかけてくれます。ベジミートは焼豚のような食感で、脂肪の層(?)までついているこだわりよう。


揚げなすのきのこあんかけ

「揚げなすのきのこあんかけ」は、なすの甘みと、ヒラタケをたっぷり入れたトロ~リとしたあんの組み合わせが絶妙です。結構オイリーなのですが、味付けはあっさりなので、ついつい食べてしまう…。


このほか、コーンなどの野菜が入ったスープ、芥蘭(ガイラン)という、菜の花をごっつくしたような野菜と揚げ豆腐を載せたかた焼きそば、芥蘭の炒め物、五目野菜のあんかけご飯をオーダーしました。
6人で8品頼んだわけですが、とても食べきれず、かなり大量にお持ち帰り。でも、大勢だったので、いろいろなメニューが頼めてよかった♪
ちなみに一品10ドル~くらい。予算的には一人1500円から2500円くらいでしょうか。
あっ、お酒はありません。

以前紹介した「素之膳」、沖縄の「金壺食堂」は、台湾系のせいか甘めの味付けだけれど、ここの料理はフツウの中華料理に近いです。ベジでない知り合いも何人か連れて行きましたが、みんなご満足の様子。ノンベジの中華料理に比べてもおいしいし、ボリュームがあるわりには胃にもたれません(もちろん食べる量によりますが…)。

バンクーバーに来られたら、ぜひ!
ただし、かなり混むので(特に週末と新月の夜)、予約は必須です。

そうそう、ここは昼間は、飲茶もやっているそうです。
また行ってきたら、ご報告します。

Bo Kong Vegetarian Restaurant (Vancouver)
3068 Main Street, Vancouver
Tel: 604-876-3088

Bo Kong Vegetarian Restaurant (Richmond)
8100 Ackroyd Road #80, Richmond
Tel: 604-278-1992







テーマ:ベジタリアン - ジャンル:グルメ

  1. 2008/04/30(水) 10:22:50|
  2. レストラン/アジア系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中華精進レストラン「素之膳」

バンクーバーにはさまざまなベジタリアンレストランがありますが、アジア系ではやはり、インド、そして中国でしょう。
ちなみに住民も、この2派の人々が多いのですが、中国系の多さで知られるリッチモンド市(バンクーバー市の隣。広義でのバンクーバー)なんて、メインストリートは漢字ばっかりです。

そんなリッチモンドにある、中華精進レストラン「素之膳」。
なんと発音するのでしょうか。すのぜん?
ちなみに英語名はVeggie Favourです。

ここは、中華精進食材を扱うお店がやっていて、正確にはレストランではなくカフェ(と酩打っている)。でもご飯ものは豊富で、食事充実カフェという感じでしょうか。

で、メニューはと言うと、その中心はオーガニック蕎麦とオーガニック玄米のお寿司。
中華じゃないんですけど…。
でも、焼き蕎麦(ほんとに蕎麦を使っている)with ベジチキンフィレとか、茶蕎麦&ベジソーセージとか、ベジうなぎ巻き寿司とか、日本では絶対になさそうなメニューがずらり。
このアバンギャルドな面々に、私もダンナも、俄然挑戦的な気持ちになってきました。

まずは「スパイシー・ベジまぐろ巻」
スパイシーベジまぐろ巻

通常はクリームチーズ入りだそうですが、Vegan仕様にしてもらいました。出て来たのは、かなりスパイシーなもので、マンゴーとベジまぐろが入ってます。
ベジまぐろは、味は魚っぽくないけど、確かに食感はまぐろみたい…。

「オーガニックきのこ&豆腐」
オーガニックきのこと豆腐

これは、わりとふつうメニューですね。しいたけと野菜がたっぷり入った甘めのあんが、焼いた豆腐にたっぷりとかかっています。

「ベジ・ミニ・サンプラー」
ベジ・ミニ・サンプラー

前菜盛り合わせといったところでしょうか。ここの中華食材屋さんで扱っているベジミート製品たちです。食感は肉のようで、たぶん大豆とグルテンで作ってるんだろうなあ…。
一番おいしかったのは左奥のコーン入りさつま揚げのようなものですが、どうやって味をつけているのか、さっぱりわかりません。
左のロールみたいなのは、大豆ミートにれんこんのみじん切りを混ぜ、それを湯葉で巻いて焼いているようです。

「焼き蕎麦 with ベジチキンフィレ」
焼き蕎麦

そして、いよいよ焼き蕎麦。えらくおしゃれな盛りつけで、なんだか創作料理レストランのメニューのよう(たしかに創造的ではあります、焼き蕎麦)。
ただ味は、かなり甘い焼き鳥を載せた焼き飯の蕎麦バージョンという感じで、蕎麦と他の具の味が今ひとつあっていないような。蕎麦、野菜、ベジチキン、それぞれはおいしかったのですが。
アイディアは面白いんですけどね。

ここまでながながと書いていてなんですが…、正直、ちょっと期待はずれな感じのレストランでした。これに、玄米ご飯一人分を含めて、お値段がチップ込み50ドル(5000円くらい)というのも、うーん。デザートをサービスしてくれたとはいえ…。
ただし、これまで食べた中華精進と違い、ここにしかない珍メニューに出会えるという意味で、楽しめるレストランではあります。
あと、店員さんの応対はとてもいい感じでした。

ちなみに、中華精進料理は中国語で素食といい、バンクーバーにはいくつかの素食レストランや食材店があります。バンクーバーは中華料理がおいしい街ですが、素食レストランにもおいしいところがあるので、またご紹介して行きたいと思います(というか、自分が食べたい!)。



テーマ:ベジタリアン - ジャンル:グルメ

  1. 2008/04/20(日) 16:15:38|
  2. レストラン/アジア系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ベトナム精進料理レストラン

バンクーバーに来た日本人が驚くのが、アジア系の人口の多さ。
かく言う私もそうでした。多文化社会とは聞いていたけれど、街をゆく人々に、アジア系の顔ぶれの多いこと。ちなみにバンクーバー市では白人以外の人口(黒人、中東系なども含めて)が、すでに白人人口を超えています。

そんな街なので、アジア系のレストランも充実。
大好きなベトナムレストランも多いのですが、ベジタリアンはここParadise一軒だけとか。小さな店構えながら、ベジタリアンの間では結構有名なお店です。

メニューを開くと、ふつうに「Beef Rice Noodle Soup(牛肉のフォー)」とか「Grilled Pork Over Rice(グリルポークご飯)」とか書いてある。でも、ここのお肉はすべて大豆やグルテンを使ったイミテーション。私たちは定番「揚げ春巻き」と「野菜のラーメン」そして「グリルポークご飯」を注文しました。

揚げ春巻きはプロフィールの写真を見てくださいね。
揚げたて熱々の春巻きの中身は、ヤムイモらしき甘いおいもと、きくらげ、春雨エトセトラ。皮はライスペーパーではなくて中華の春巻き皮のよう。しつこくなくておいしい!

野菜ラーメン

野菜のラーメンの麺は、フォーではなくてふつうの小麦粉の黄色いちぢれ麺。
スープは何でとっているのかなあ…?私はキャベツとブロコリーが主体と見た!透明な黄緑色で、さっぱりとした甘みがあります。これは家で再現しなければ(ただいま研究中)。
具として載っているのは、ブロッコリー、カリフラワーなどの野菜と、イミテーションチキン、ハム。

グリルポークご飯

ポークご飯は、ベトナムレストランの定番ですが、この「ポーク」は肉というより、さつま揚げ。甘辛い味付けは普通のポークご飯通りですが、正直、「肉」を期待するとがっかりするかも…ボリュームの点で。
でも、私にはさっぱりとおいしかったです。

お店を切り盛りしているのは、ベトナムの働きもののお母さんという感じの女性二人。Spiritual Meditation(宗教の一種?)の信者だそうで、精進料理もその信仰の一環のようです。
でも、あやしい感じはぜんぜんなく、こじんまりしたかわいいお店。
お客さんもベトナム系、中国系、白人系とさまざま。
ちょっと遠いけれど、また食べに行きたい!と思わせるお店でした。

PARADISE VIETNAMESE CUISINE
8681 -- 10th Ave., Burnaby (Crest Plaza)
604-527-8138





テーマ:ベジタリアン - ジャンル:グルメ

  1. 2008/04/05(土) 10:30:53|
  2. レストラン/アジア系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

soi

Author:soi
ベジタリアン・フレンドリーな街バンクーバー在住。
ヴィーガンの夫につられて、ベジタリアン化しつつあり、ともにやさい生活を満喫中です。
ベジタリアンレストランやショップ、日々のご飯などを書き留めておきたいと思ってはじめました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

FC2カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。